私は、桜条要から預かった資料を
部屋の片隅で一字一句残さず読んだ。
彼奴は、私が戦争で日本にいない間も
ずっとこの計画を遂行していたのだ。
それは、何とも恐ろしかった。

ーーAI-X
人間として生まれた一卵性双生児の片方の子供に
人工知能を植えつけ、戦闘能力の高い人間を作りだす。

AI-Xが誕生すれば、日本はどんな脅威からも守られる。
この戦争は、日本が勝つ為の戦争ではなく、
AI-Xを生みだす為の一歩にすぎないーー

家族や戦友が何人も亡くなったあの時、
彼を始め日本政府は、すでにこの計画の為に動いていた。

桜条要のやり方は、残酷であった。
捕虜となっていた外国人を使って、
彼らは人体実験を行っていた。

日本が負けて捕虜を解放すると、
次に貧しい人間を対象として実験を繰り返した。
カラスが掻き集めた資金を元に、実験を行い
被験者には十分な生活費を与えた。

被験者となった人間は実名で記録に残され、
失敗の原因や対策、改善点など
事細かに書かれていた。
さらに、カラスの名簿も作られ、
その思考や体力も分析されていた。
大人も子供も、関係無かった。
なぜ、カラスの組織の人間を分析したのかは
最後のページで分かった。

ーーAI-Xが誕生した時、
人間の力で彼らに勝ってしまっては
そのAI-Xは失敗作である。
よって、人間の力にどれほど勝るか
研究対象が必要だ。
その対象として、ある程度軍事能力を高めた人間を
育てる必要がある。しかし、育てる必要はもうない。
すでに我々の手の内には、人を殺めることに長けた
臨機応変な対応のできる組織が存在している。
カラスは悪業を生業として生きてきた分、
日本政府に逆らえない。裁かれる対象として
いずれAI-Xと戦ってもらうこととなるーー

ひどい話だ。
自分で組織しておいて、後は実験対象とする。
そんな運命など、
カラスの人間どもは知らないだろう。
私の知るカラスは、桜条の作った犯罪組織だ。
だが、表向きに犯罪者として扱われている彼らは
犯罪者によって犯罪者として裁かれる。

生きる為に道を踏み外した人間の最期を
私は預かってしまったのかもしれない。

桜条要は自分は支配者だと言った。
あらゆる人間を支配下におき、
自分の都合のいいように誘導してきた。

彼こそ、
裁かれるべきではないか……。

私の中にフツフツと怒りが湧いていた。
その時、私は彼の脅威として
戦うことを決意したのだった。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://natuneco2244.blog.fc2.com/tb.php/46-9d23180c