上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴉川は黙って部屋を出て行ってしまった。
きよらのところに行くのだろう。
何となく、1人にしておいてあげたかった。
1回の戦闘できよらに与える影響は大きくても不思議じゃない。
きさらの動きは尋常じゃないし、傷1つない戦いをした。
AI-Xの能力を最大限に引き出すには、
クラウンからの供給が必要不可欠。

「蒼井さん、さっき、きよらが泣いたって言いましたよね」
「えぇ。きよらに実際の戦闘の様子を見せてみたの」
蒼井さんはレポートを打つ手を止めた。
「きよらは、普通の人間と同じ感情を持ってる。人が死ぬところを見るのは怖いし悲しい。
それを、自分の細胞と血液を使って、妹のきさらが笑顔でやってしまうんだからね。
自分の宿命を悔やむわよね、ほんと」
「どうしてそんなこと……やる前から悲しむのなんて予想つくのに」
「じゃあ、自分が何のためにこの施設で閉じ込められたまま生かされてるか
あなただったら、自分の目で確かめておかなくていいの⁇
知らないままの方が、私だったら酷なことよ」

「人によるだろ、そんなこと」
私は呟いた。

「瑠宇さんって、先輩に似てる」
「え、」
「すごく似てる、渓先輩もそんなんだもん。
いつも誰かを悲しませないように、って。でもすごく不器用で、
結局傷つける。自分ばっかり後悔して、それでも
仕事より、自分の立場より、私のことより……、
きさらときよらを1番に考えてんの。馬鹿だよ」
私は若干頭にきていた。
「馬鹿かな」
「そうだよ。AI-Xはいわば私達がつくったモノにすぎないのにさ」
「でも、きさらもきよらも、」
「生きてる、って言いたいんでしょ。分かってるよ。
でも、それじゃ仕事にならない。私達がここで生きるためには、
そんなんで苦しんでちゃだめなんだよ」

蒼井さんは溜息をつきながら聞いた。

「なんで渓先輩がきさらの服の血を洗うか分かる⁇
……殺した相手も生きてたからだよ。それを懺悔してんの」

言葉がでない。

「きさらが殺した相手は、自分が殺したも同然だって。
自分の手が血に染まったほうが、罪を実感できるから、
忘れないですむから」

「全部、捨てちゃえば楽になるのに」


私は桜条家に帰りながら思った。
鴉川が苦しんでるのに気づかなかった。
戦闘前の3人ですごした1か月間、
きさらがどんなわがままを言っても、幸せそうに
笑って許す鴉川を思い出して、切なくなった。

やっぱり、誰も幸せじゃない。

本能で人を殺してしまうきさらも、
望まないものに命を削るきよらも、
2人と向き合い続けた鴉川も、
仕事として割り切ろうとする蒼井さんも。

いつ、この世の中は終わるのだろう。
夜空に輝くオリオン座。
あの星は全てを知っているのだろうか。
この残酷な世界が終わる日を、
知っているのだろうか。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://natuneco2244.blog.fc2.com/tb.php/41-dc36c265
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。