上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴉川は平然とした顔でコーヒーを口にしていた。
私はと言うと鼓動が鳴りやまない。
ヘレンローゼカッツェのみんなのことは信じてる。
でも、相手は同じ人間じゃない……。
鴉川はどうしてこんなにも冷静でいられるのだろう。

「瑠宇に会わせたい人がいる。きさらの双子の姉だ」
そう言うと、飲みかけのコーヒーを置いて立ち上がった。

私は無言で後をついて歩く。
鴉川は無表情で歩く。

「きよら」
病室のような部屋に花を生ける一人の少女がいた。
鴉川は優しく声をかけた。
「渓君、それと新人さん?はじめまして」
少女は優しく微笑んだ。
桃色のさらさらとした髪がきれいだった。
真っ白のワンピースを着た少女は
生けていた花の一輪をとって
「よろしくお願いします」
と私にくれた。
「ぁ、ありがとう。……一ノ瀬瑠宇です」
きさらが初めて会ったとき、
私にキャンディーをくれたのを思い出した。

「じゃあ、また来るよ」
「渓君、相変わらず忙しいのね」
気まずい顔をする鴉川。
「いいよ。大事なお仕事だから。私、ここで待ってるから」
天使のような笑顔だった。
「瑠宇さんも、きさらをよろしくお願いします」

私達は部屋を後にした。
「きよらは、きさらのために生きてんだ。あの個室にたった一人閉じ込められてさ、でも笑ってんだよ」
鴉川は悲しげだった。
「AI-Xであるきさらが倒れたときとか、ケガしたとき、きよらの臓器だったり、血液、細胞を原料にしてきさらの身体を修復するんだよ。AI-Xが戦ってる間、双子のもう一人の方はクラウンと呼ばれるカプセルに入る。そこから常にきさらにエネルギーを供給することで人並み外れた能力を引き出すんだ。AI-Xが双子でなければならない理由だ。きよらは自分の運命を理解してる。きさらも、きよらには何となく感謝してるみたいだ」

きさらはあの時言った。
『私は2人分の私でできてる……だから強い』
と。

そう言うことだったのか。

どうして、こんな世の中になってしまったのだろう。
人が人として生きることが許されなくて、
社会に支配されて、自由も何も奪われて、
残酷だよ……こんなの。

「瑠宇、仕事だ」
鴉川の目は真剣だった。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://natuneco2244.blog.fc2.com/tb.php/28-efee01a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。