上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翌朝、きさらはすでにどこにも居なかった。

薬袋と水がテーブルに置いてある。
あぁ、頭が重い。

そうか。あの後ベッドに戻ろうとしたところを
スタンガンでやられたんだ。
薄っすらと暗い顔の鴉川の表情を思い出した。
おそらく、その後に眠剤でも飲ませられたんだろう。

鴉川が部屋から出てくる。
表情が暗い。
「…きさらは?」
「…お前、なんで昨日盗み聞きしてたんだよ。」
「ぃや、偶然。」
「僕は!」
「…僕は、もう誰のことも傷つけたくないんだょ…。」
「鴉川…?」
「ぃや、気にするな。」

気になるだろ…。

「きさらに会うか?」
私は頷いた。
「じゃあ、約束してくれ。何があっても僕を裏切らないと。」
鴉川のこんなにも弱気な姿は初めてだった。
「口約束でいいんだ。」
「わかった。」
あくまで口約束…そう思って答えた。

鴉川は自室のドアを開けて、私を通した。
部屋の先にさらに廊下が続いている。
その先に鉄の扉がある。
鴉川は、タッチパネルに手をかざし、暗証番号を入力した。

扉の先は何かの建物の中だ。
病院だろうか?白衣を着た人も何人かいる。
「ここは、政府が極秘に作った研究室だ。」
「研究…。」

「渓さん、おはようございます。」
1人の女の人が話しかけてきた。
「おはよう、蒼井さん。この子、新人だから制服を。」
「わかりました!」
「瑠宇、着替えたらまたここで。僕も着替えてくるよ。」
「ぇ、ぁ、はい。」

私は反強制的に女子更衣室に連れて行かれた。
「噂は聞いてました!一ノ瀬瑠宇さんですよね?」
「ぁあ、はい。」
「私は研究観察課の蒼井柚希(あおい ゆずき)です。」
「研究観察課?」
「はい。渓さんの部下で主に対象の行動観察、報告をしています。」
蒼井さんは、制服を手に取った。
「ありました!」
「研究観察課は実際の戦場にも赴くので、白衣じゃないんですよ。」
戦争…。
「ささ、これに着替えて下さい。私は仕事に戻りますので。」
蒼井さんは私に軽くお辞儀をして出て行った。

私は…ここで働くことになるのだろうか。
軽くため息をつきながら着替えた。
きさらに近づくためだ。

戦場にあう服は、自分の普段着のほうが防護性に優れているかと
少々思いつつ。仕方なく着替えた。

黒色の半袖スクラブに、ショートパンツ。
カーキブラウンのワンピース風コートを重ねる。
コートの襟にネクタイを締めて、
ウエストのベルトを止めた。

鏡をみて思った。

これでいいのだろうか…。

胸ポケットの金ボタンが哀し気に光った。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://natuneco2244.blog.fc2.com/tb.php/22-97a0fed3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。