ようこそ!ナツネコへ(^ω^)♡
来てくれてありがとうございます!

簡単にこのブログ内容を説明します!

このブログは『懐かない猫』という
小説をメインに書いています。

カテゴリは主に3つ!
小説(懐かない猫)、
日記(小野崎の野望)、
動画(Blackmaidmeeting)です。

動画は小説を基にしたラジオ風動画を製作し
YouTubeにて公開しています!
動画では、皆様のリクエスト、要望、質問、相談に
どんどん答えていきたいので、コメントお願いします!
くだらなーいコトでいいのです( ´ ▽ ` )ノ

なぜなら!
主旨は、皆様に楽しんで頂くことだから‼︎

小説も動画も一緒に作っていく気持ちでやっていきたい
ので、どうぞよろしくお願いします(*^^*)

そして、是非ナツネコを踏み台にして下さい!

イラストレーターになりたい方、イラスト描いて下さい!
漫画家になりたい方、この小説を漫画にして下さい!
声優や役者を目指している方、滑舌の練習にでもして下さい!
なんなら、一緒に動画出演して頂けると嬉しいです(^^)
翻訳家を目指している方、翻訳の練習にでもして下さい!
暇な方、仕事に疲れてなんとなーく楽しくない方、
小説や動画で少し息抜きして下さい!

皆様とナツネコを盛り上げられたら嬉しいです!
皆様が笑顔になってくれたら幸せです(^_^)

あ、踏み台にするときコメントもらえると
さらに喜びます!!
お金なんて取りませんので安心して下さいw

楽しんで頂けるよう頑張りますので、
どうぞよろしくお願いします(^ω^)!


小野崎

... 続きを読む
スポンサーサイト
うぇーーい( *´艸`)
久しぶりの小野崎の野望だぜぇぇ

きょうは
【新しいカテゴリーが増えたよ、知ってたかい?(`・ω・´)】
の、お話しですよ~~

じゃん!!
ナツネコギャラリーが開設されましたぁぁぁあ!
はい、Repeat after me→『うぇーーい( *´艸`)w』

ナツネコギャラリーでは、
皆様のナツネコ関連イラストを随時募集し紹介していきます。
ナツネコキャラのイメージ画はカテゴリーのイラストに入ってます。
ただ特徴しか載せてません。
なので、思い思いに描いて頂ければ嬉しいです。
イラスト練習、描いてみた程度でもOK!!
文字つけて面白く描いてもOK!!

皆でこの人のイラスト好きだなぁ~とか
あぁ、そうそう、私もこんなイメージで小説読んでた~
このキャラにこのセリフ(笑)
みたいな感じで、
楽しいを共有できたらいいな、と思ってます。

イラスト投稿の際は、
PNをsecretまたはお好きなPNにすることが出来ます。
また、ブログ元を掲載することも可能です。
お気軽にお声がけ下さい。
イラスト頂戴しに伺います。ブログに(`・ω・´)w
≪注意≫
イラストの無断転載・お持ち帰りは禁止です。
イラストのコメントは(・∀・)イイネ!!的なもののみOKです。

どうぞよろしくお願いします(*´ω`)




今日は、
『ありがとう 100パチ記念日』!!

懐かない猫というブログをひょんなことから開設。
下書き程度に小説書き始めて。
タイトルも決めずにそのままblog名で『懐かない猫』って小説ですって紹介。
ほんと適当な小野崎ですよ~(;´∀`)

最初はね、無名の人間がblogで長編小説を書いて
見てくれる人なんていないだろ、って思って
今書いてる小説は短編の予定でプロット作成したんです。

でも、読んでくれてる人が1人でもいるなら、
ちゃんと自分が伝えたいことを書ききりたい、
この作品を通じて何か感じて欲しい、
そう思うようになってプロットを途中から編成しなおしました。

ここで最後まで書き終えたら、
他の場所で同じ作品を公開したいです。
さらに読みやすく面白いと思ってもらえるように書きたい。
1人でも多くの人に読んでもらえる作品にしたいです。

そして小野崎の野望はまだまだ続きます。

この作品を皆で創りたい。
原作はここのblog小説かもしれないけど、
一緒に漫画やアニメ製作してくれる方がいるなら是非お願いしたい‼
この作品をもとに曲をかいてくれる人がいるなら、
ここのブログでも流したい!!
ご無沙汰してる動画もUPしたいし、イラストもお待ちしております。
キャラをイメージしたコスプレなんかもOK!!

これからも皆様と一緒に楽しみながら活動していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします(*´ω`)

小野崎

「桜条要……」
「やぁ、久しぶりだねぇ」
そう言って私に近づいて来る彼を私の心は拒んでいた。

「僕の言った通り、カラスの名前を君もよく聞くようになっただろう?」
「国と絡んで今度は何をする気だ」
「今度?まだ僕は調理の下準備しかしていないというのに」
彼はゲラゲラと笑った。
「カラスは嫌いかい?醜いかい?」
「あぁ、嫌いさ。この街をどれだけ荒らしたと思っている?
まともに働く善良な市民の金を蝕んで、どんどん彼らの心も薄汚れてきた。
お前の組織はこの街をいずれ崩壊させる」
「僕も群れてる奴らが嫌いだ。だが彼らは僕にとってとても価値のある存在だ。
そもそも善良な人間という基準値も存在しない世の中で、
善か悪かのボーダーラインを決めるのは、個人なんだよ。」

彼は耳元でこう言った。
「僕がこれからすることは、僕にとって善だ」

「大抵のことは僕の思い通りになる。
なぜなら、僕より傲慢で頭の回転が良いヤツはそうそういない。
でも、僕にとって脅威となるのは1人だけいる」

「君だ」

「だから、僕は君とこうして大人になった今でも遊んでるんだ。
君がいつ僕の邪魔をしてくるのか、僕の善をつぶしにくるのか、
ずっと期待しているんだよ」
「なぜ……」
「君は僕のことが嫌いだからさ」

「でも僕を嫌う君を見ているのが面白いから、僕は君を嫌いになれない。
僕は国と手を組んでいる支配者、そして君は国に左右される支配下の人間だ。
でも、僕を嫌う君は、僕と対等にいるかのようで面白い」
「嘲笑いに来たのか」
「いいや、君がなかなか動いてくれないからヒントをあげに来たんだ」
そう言って彼は鞄から資料を取り出した。
「ここにこれから僕がしようとしている事が書かれている。
これを読んで君がどう動くかは自由だ。
だが、国家秘密レベルの情報をタダで渡すわけにはいかない」

「僕はカラスを君に預けたい」
「私に預けたら、全員まとめて刑務所行きだぞ」
「君にとってカラスが悪ならそうすればいい。だがこれを読んで考えた上でならな」
そう言って彼は私に資料を渡した。

『AI-Xの開発 日本治安部隊対策本部』
表紙に書かれたその文字は、不透明な現実を表しているかのようだった。
私は現実を知りたかった。
彼の企みで私を利用しようとしているのだと思いつつも、
彼の本心が知りたかった。
もし、それが私の考える悪ならば、
私が止めるしかない。

彼は、私に日本の未来を変える機会を与えたのだから。


2017.04.16 第13話 陰謀

あの常連客が来たのは、カラスの話を聞いて2週間ほど経った頃だった。

「マスター、あれはただもんじゃない」
「あれとは」
「こないだどんな研究か知りたがってただろう?」
常連客は目を輝かせていた。
「この研究が成功すれば日本は世界一安全な国になる」
「戦争の準備と聞いてましたが」
「戦争なんか仕掛けられてもAI-Xにはかなわんよ」
私がAI-Xを知ったのはこのときが初めてであった。
「AI-Xはどんな人間よりはるかに強い。戦車も破壊できるんだってよぉ」
「そのAI-Xという機械を研究しているのですか」
常連客の表情は一瞬にして曇った。
「まぁ、そうだな。人の形した……」
常連客は苦笑した。
「俺もうまく言えなくて悪いがよ、とにかく平和のためなんだ」
へへへ、っと苦笑しながら放ったその言葉は神妙であった。
グッと一気に芋焼酎を飲み常連客は続けた。
「カラスなんて相手にもならねえ」
そう言って笑うのだった。

カラスに関しては、要の言った通りよく耳にするようになっていた。
戦後、職を失ったやからが悪行を生業としている、と。
いくつか似た組織が出来上がっていたようだが
中でもカラスという名は知らない者がいないほど拡大し、
そして残虐であった。
戦争によって心が狂った彼らは暴れまわっていた。
しかし、捕まる者はほとんどいなかった。

のちに分かったのは、捕まえられなかったのではなく
貴重な人材ゆえに放任されていた、ということだった。

私がそれを知ったのは、常連客が帰ってすぐのことだった。
常連客はかなり酔っ払っていたため少々不安に思いながら
店じまいをし、残飯を野良猫にやりに裏口に出た時だった。

「こんなにいいんですか?」
「君の家も家族が増えて大変らしいからね」
「助かります、ほんと桜条先生には恩が返しきれねぇです」
「こちらも非常に助かっている」
「ありがとうございます」

常連客は桜条に言われてAI-Xについての話を
私に持ち掛けていたのだった。
私は呆然と立ち尽くした。
裏口から見えたその光景を今でも忘れない。
常連客は桜条から渡された封筒を大事そうに
固く胸に抱きかかえ去って行った。
桜条はその姿を見届けた後、
私が見ているのを知っていた顔でこちらを向いた。

「下準備が整った」
桜条は穏やかに笑いながら私に言った。
私は何も言葉に出来なかった。